ページの先頭です
トップ > 3つのサポート > 「和解の斡旋」と「審査」の違い

「和解の斡旋」と「審査」の違い

当相談センターでは、初めにお電話による「相談」のサポートを行い、そこで解決に至らなかった場合は、「和解の斡旋」または「審査」のサポートへ進むことができます。
ここでは、 「和解の斡旋」と「審査」のサポート内容の違いについてまとめます。

「和解の斡旋」のポイント

  • 弁護士が、当事者双方の主張を聞いたうえで、斡旋案を提示します
  • 民事調停に類似しています
  • 解決内容や条件について、話し合いで解決できない案件に適しています
  • 費用は無料です
  • 1〜2か月の期間がかかります
  • 双方からの聞き取り
  • 和解斡旋施案の作成
  • 双方への説明と意思確認

「審査」のポイント

  • 弁護士・大学教授・消費生活アドバイザーからなる審査委員会が、当事者双方の主張を聞いたうえで、裁定を出します
  • 裁判に類似しています
  • 責任の所在を明確にしたい案件に適しています
  • 費用は当事者双方とも5,000円が必要です
  • 3〜4か月の期間がかかります
  • 審査委員会は月1回開催、3〜4回で終了

「和解の斡旋」と「審査」のまとめ

  和解の斡旋 審 査
実施主体 弁護士 審査委員会(6名)
裁判所
との比較
民事調停に類似 裁判に類似
取扱に
適した案件
解決内容、条件について
話し合いがつかない案件
責任の所在を
明確にしたい案件
費用 無料 5,000円
時間 1〜2か月 3〜4か月
手続開始 双方の同意 双方の同意
審理方法 面談、または電話 面談、またはテレビ電話
最終結論 斡旋案提示 裁定、若しくは斡旋案提示
解決 双方の同意による和解書締結 双方の同意による和解書締結
強制力 なし なし
ページトップへ