ページの先頭です
トップ > サポートの事例 > 中古車のエンジン不具合。メーカーに責任を取らせたい。

サポートの事例

消費者中古車のエンジン不具合。メーカーに責任を取らせたい。

  • 対象自動車
  • 新旧中古車
  • 分類PL
  • 要求メーカー対応
  • 部位エンジン(トランスミッション/ブレーキ/ハンドル(ステアリング)/エアバッグ)
  • 現象エンジン始動不良(エンスト/変速できず/ブレーキ利かず/エアバッグ警告灯点灯)
質問

中古車を中古車専門販売店で買ったが、1か月でエンジンがかからなくなった。エンジンの不具合は、あってはならないことなので、メーカーに責任を取らせたくて無償修理を要求したら、その車を買った中古車販売店と交渉をするか、メーカー系列販売店での有償修理となる、と言われたが、納得できない。

センター職員回答・解決のポイント

回答

不具合の交渉相手は、原則購入した販売店になります。

解決のポイント
  • 不具合の対応責任は、相談者にその車を売った店、すなわち相談者と売買契約を交わした中古車販売店にあります。購入した中古車販売店と、契約書の保証内容や売主の瑕疵担保責任等に基づく交渉をすることになります。
  • メーカーは、原則直接消費者に販売をしておらず、相談者とは契約関係がない第三者です。したがって、メーカーに修理を要求しても、購入店と交渉するか、またはメーカー系販売店に依頼するように言われると思われます。
    また同様に、メーカー系列販売店も第三者ですので、無償修理を要求しても、原則として修理請負契約による有償修理となります。(但し、この車の保証継承がしてあり、その不具合が保証対象の場合は、保証修理をしてもらえる可能性があります)
  • 車を購入した販売店へ、保証書や瑕疵担保責任に基づき無償修理、または修理費の減額交渉をすることになります。
  • 修理費用は、たとえ修理費用が高額になっても、車の客観的価値が上限になるようです。修理費用が客観的価値を超える場合には、超える部分について要求することは困難です。
  • 修理費用について購入した販売店と交渉する際、事前に交渉することなく、他の業者等で修理後に修理費用について販売店と交渉することは、もめる原因となります。
ページトップへ